FC2ブログ
 
猫の“はっちん”と暮らす“ブツヨクさん”が、ネットの中の一軒家でゆるゆると物欲を満たしていく日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どん、どん、どん………
一打ち、二打ち、三流れ…あれは山鹿流陣太鼓!
おのおのがた、討ち入りでござるよ。(*´∀`*)

そうです。今日12月14日は忠臣蔵、吉良邸討ち入りの日です。
ま、当時の12月4日は現代では1月末になるので、ホントは今日じゃないのだけど、そんな些末なことはどうでもよろしい!まげファンにとっては「12月14日=討ち入り」が約束事なんだから、それでいいのだ。

討ち入り

『忠臣蔵』は、時代劇の中の時代劇、時代劇のKingです。(自分にとってはね)
まあ、ともかくいちばん好きなお話です。なので、毎年12月14日には、秘蔵のビデオやDVDをひっぱりだしてきて何本も鑑賞します。これは年中行事なので必ずやります。やらないと年を越せない…わけではないけども、やります!

鑑賞のおともは「討ち入り蕎麦」です。映画やテレビドラマでは四十七士が討ち入り前に蕎麦屋に集合して蕎麦を食います。実際は蕎麦屋にも集合せず(そもそも蕎麦屋がなかったとか)、蕎麦も食わなかったらしいが、それも些末なことです! まげファンにとってはこの蕎麦も決まりものなのです!それでいいんです!
というわけで、今日は【討ち入りでござる蕎麦】のレシピをご紹介するでござるよ。

討ち入り蕎麦

【討ち入りでござる蕎麦】
[材料]
ソバ(食べたい量だけ、乾麺でも生麺でもOK)、長ネギ、麺つゆ、油揚げ
(調味料の分量は味見しながら適当に作るのでわかりません)
[作り方]
❶とりあえず麺つゆづくり。うちの場合は鰹・昆布でダシをとって、醤油その他で味を付けてつくりますが、めんどくさかったら市販の麺つゆを使ってください。
❷粋にかけそばでもよろしいが、なんか寂しいので、お揚げの煮たヤツを乗っけます。
揚げは熱湯を2度ほどかけて油抜きをし、△に切っておきます。麺つゆのつゆをちびっともらいます。そこに砂糖、酒、醤油を足して、かなり甘しょっぱいめの汁を作ります。その汁でお揚げを煮ます。汁けがなくなりかけるくらいまで煮れば出来上がり。
❸大きめの鍋にお湯を沸かし、ソバを茹でます。茹で上がったらざるに取って水洗い。終わったら別に沸かしておいた湯に通して暖め直す。
❹器にソバをよそい、お揚げと刻みネギを乗せ、そこに熱々の麺つゆをかけたら完成です。

今回はいつにも増していい加減なレシピになってるような…。ま、いっか。
今日はこの【討ち入りでござる蕎麦】を食しながら、忠臣蔵を見るでござるよ。楽しいでござるよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://butsuyokusan.blog130.fc2.com/tb.php/182-e122df40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。