FC2ブログ
 
猫の“はっちん”と暮らす“ブツヨクさん”が、ネットの中の一軒家でゆるゆると物欲を満たしていく日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界選手権TTはカンチェラーラが優勝。
レース前は「コースがカンチェラーラ向きでない」とか、「ブエルタでもあまり良くなかったし調子が悪いのでは?」とか、「チームのごたごたがあって調子を落としているのでは?」とか、要するに「カンチェラーラ不利」という声がたくさん聞こえて来た。
ところが終わってみたら、「やっぱ優勝したのカンチェラーラじゃん」なのである。
ブツヨクさんはメディアの声に惑わされ、Jスポのクイズ(誰がチャンピオンになるか)をトニー・マルティンで応募しちまいましたよ。

でもね、マルティンだってがんばったんだよ。途中、前輪パンクのアクシデントに見舞われつつも最後まで勝負を諦めず、地元期待のリッチー・ポートをきわどくかわして3位になったんすから。もう少し距離があったら、ディビッド・ミラーをもかわしていたやもしれぬ。ただ、アクシデントがなかったとしてもカンチェラーラにはかなわなかっただろうなあ。

ホントどんだけ強いんですか? あのお方。
出だしはディビッド・ミラーが上回ってたのに、ゴールしてみりゃ2位のミラーに1分もタイム差をつけてた。ミラーはへとへとになってゴールしたのに、カンチェラーラはまだまだ余裕を残してのゴールだったのも印象に残ったなあ。
ふぁびあんえんじん
もうひとつ印象に刻まれたのが、セントクリストファー・ネイビスの選手。今回、西インド諸島の小島から2名の選手が世界選手権にエントリーした。
ジェイムズ・ウィークス選手はそのひとり。一番手でスタートした選手だ。
坂をのぼるウィークス選手の姿をカメラがとらえた。
¢( ・_・) ン?
なんか走りがぎこちない?
ていうか遅い?

そう遅かったんだ。
ウィークス選手は後続スタートの選手にどんどん抜かれ、結局第一グループでスタートした選手全員にぬかれてゴールした。ぶっちぎりで遅かった。順位は最下位だった。
むかし、オリンピックの競泳でそんな選手が出場したのを思い出したよ。
ちなみにトップのカンチェラーラとどんだけタイム差が開いたか。
+23:49.61
ある意味スゴイ。
さらに情報をあげると、ビリから二番手はセントクリストファー・ネイビスのレジナウド・ドゥグラス選手で、トップとのタイム差は+23:08.48でした。
もいっちょ情報をあげると、その上の選手はセルビアのエサド・ハサノビッチ選手で、トップとのタイム差は+9:02.58でした。
セントクリストファー・ネイビスの2選手やっぱスゴイ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://butsuyokusan.blog130.fc2.com/tb.php/104-d4d62dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。