猫の“はっちん”と暮らす“ブツヨクさん”が、ネットの中の一軒家でゆるゆると物欲を満たしていく日記
ブツヨクさん宅間取り図
home-022

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泣いたよ。ミラノ~サンレモ。
スタート前の黙祷にも。宮澤のがんばる姿にも。
号泣したよ。
感動したよ。
あのレース、自分にとってのヒーローは、優勝したゴスではなく宮澤選手でした。

ミラノサンレモ

宮澤選手のあのレースにかける思いは、ご自身のブログで詳しく語られています
ぜひ読んでみてください。

また、日本のサイクリストたちが立ち上げた被災者支援プロジェクトがありますので、協力できる人はご協力を。

サイクリスト東日本
↑バナーをクリックするとサイトにジャンプします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
わからねぇ…。
こういうのってどうなのよ?

わからないのは、このニュース。
UCI、無線禁止に反対ならレースは取りやめと警告

UCIはレース中の無線使用を禁止したい意向をうちだしていた。
無線を禁止すれば、レースが今より面白く、ドラマチックなものになると言っている。
そんな単純なもんかね?
実際、ツール・ド・フランスとかで無線禁止日があったけど、おもしろくなったかといえば、そうでもなかった。

選手側は賛否両論あるけど、反対意見がやや多め?

これがパッド・マッケイドUCI会長の癇に障ったらしい。
「抗議行動が起きたら、レースはなし!」
「そして、我々は手を引く。選手達の身の保証もしない!」

(゚Д゚)ハァ? いきなりブチ切れですか?
「もうヤダ! おまえら、文句ばっかいうからレースなんかジャマしてやるもん!」みたいな?
きみはジャイアンですか?

なんだかなぁ…。
無線使用問題については、正直どちらがいいのかなんてわからない。
それはそれとして、この発言はどうなんだろう?
いったいUCIは何がしたいの?
そもそもUCIは、なんでそんなにエラそうなの?

UCI=国際自転車競技連合のお仕事はなにか?
wikiによると「ライダーのレース・ライセンスを発行し、ドーピング関連など、競技に関する規則を執行している。さらにレースの格付けとランキング制度の運営を行っている」とある。
レースのおかげでメシ食ってんだよね?
自分のアイディアにケチつけられたからって、「レースはなし!」とかゆっていいわけ?
頼むから、もうちょっと大人の対応してくれよ、な?

パッド・マッケイド

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
サイクリストの方々!
あなたの脚力を社会貢献に使ってみませんか?

日本ベーシックという会社が開発した自転車搭載型緊急用浄水装置がある。
災害被災地やインフラ整備がたちおくれている地域で、安全な飲料水を簡単に確保できるすぐれたマシンだ

【使い方】
川まで自転車をのりつけ、川にホースをたらしたら、あとはひたすらこぐ。
こぐ、こぐ、こぐ!
するとくみ上げた水がフィルターで浄化され、きれいな飲料水になる。

普通の人がこいで、1分間に6リットルの飲料水ができるそうだ。
サイクリストなら、もっといけるでしょ。
己の脚力を鍛えつつ、みなさまのお役にもたってしまおうという一石二鳥。
いかがすか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
引退会見では、言葉につまり、涙をこらえきれなかったロナウド…。
ちょっとかわいそうだったな…。

ジダン、イブラヒモビッチ、マッシモ・モラッティなど、世界中のサッカー関係者がこのスーパースターの引退を惜しむコメントをよせるなか、ルシェンブルゴだけはちょっと違った

「あれは面白い経験だった。話さずにはいられない。
コパ・アメリカでロナウドの体重がオーバーだった時、我々はなんとか体重を落とさせようとしたんだ。ドクターはゼニカルという薬をロナウドに与えたのだが、これを服用すると排泄物が増すんだ。
“アクシデント”を避けるために、ロナウドは老人用のおむつをしてピッチへ行かざるを得なかった。彼はこのうえなく困惑していたよ」

(; ̄ω ̄)ノオイ!ちょっとちょっと!
こんな時になんつー話をぶっちゃけてるんスか!
しかもコメントした後、あんた絶対思い出し笑いしたろ?
そんでもって笑い出したら止まらなくなって腹抱えて笑ったろ?
(≧∇≦) ガハハハ! という声が、ネットの彼方から聞こえてきた気がするもん。

ルシェンブルゴよ、おまえってヒドいやつだなぁ……クスッ(〃´ー`)。+゚

るしぇんぶるご

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
ヒトの想像力には限界がある。
いや、自分個人の限界かもしれないが、あることがどうしてもイメージできない。

それはマレーシアで起こったニュース。
マレーシアのジャングルで、リス狩りをしていた60代の男性が虎に襲われた。
男性はガブリとかぶりつこうとする虎の大きな口を懸命によけながら、大声で助けを求めた。
その声を聞きつけた男性の妻(55歳)が、大型のスープ用スプーンを持って現場に駆けつけ、持参したスプーンでもって虎に立ち向かい、虎のアタマにスプーンで打撃を加えたところ、虎は退散したという…。

スプーン?
大型といってもスプーンだよね?
スプーンで虎を撃退?
ポカポカって?
オバさんが?

( ̄^ ̄;)ウーン、ダメだ…。
どうしても貧困な絵しか浮かんで来ない。

スプーンねぇ……、
ひょっとしてオバさんは超デカいスプーンおばさん?
スプーンおばさんと虎

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。